初心者向けギターの弾き方 音楽、ギターのこと

【初心者向け】ゼロからのアコギ弾き語りレッスン②~左手が痛くならないようにとにかく力を抜いて~

アコギのまったくの初心者の方にギター弾き語りを教えることになりました。

レッスンというほどのものではありませんが、その中で感じたことを書いていきます。

 

レッスン①は、とにかく「ギター弾けるかも感」を感じて頂きたくてこんな内容でレッスンしてみました。

【初心者向け】ゼロからのアコギ弾き語りレッスン~弾けるコードだけを弾いて歌おう!~

とにかく、1つのコードでいいので、弾いてみてそれに合わせて歌うというのがすごく楽しそうでした。

スポンサーリンク

 

レッスン②としては、ギターの練習を「より長い時間」続ける上で必要なこととして、

左指の痛みを軽減するする方法について書いていきます。

せっかく、すこし弾けるようになってもすぐに指が痛くなっては練習ができませんね。

 

指が痛くならない押さえ方を覚えよう!

初心者の方がはじめにぶつかるハードルと言えば、「F」と「指の痛さ」の二つだと思います。

この中で、「F」というのは弾き方を工夫したり、「F」がない曲を弾けばある程度避けされます。

ただ指の痛さについては、どんなだけ簡単なコードを押さえても発生してしまいます。

指が痛くなるととたんにギターを弾く気が失せます笑

では、どうすれば指が痛くなりにくいのか、書いていきます。

 

音がでなくても気にしないこと

いきなり精神面の話になりますが、レッスンをする中でこれが一番大事だと感じました。

「音がでないといみないじゃん」と思われるかもしれませんが、いいんです。

 

きっと初心者の方はコードを弾くと、「じゃらららららーん♪」というきれいな音はでず、

「ビリポッポジャポビーん♪」とか「ぽぽぽぽぽぽん♪」とかこんな音がでると思います。

音が出る弦もあれば、押えが甘くてビリビリする弦もあれば、

ポポポとしか音が出ない弦もあれば、意図せずビーン!って大きな音がでたり、、、

 

 

でも、これでいいんです!(カビラ風)

あまり気にしないでください。

 

 

よく音を聞いてください。

ポポポポという音にも音程を感じられますよね?

音程を感じられれば曲になりますし、歌うこともできます。

まずは完璧を求めずに、「押さえて」→「弾いてみて」→「歌ってみる」をやっていきましょう。

 

ここで完璧に全部の弦を鳴らす努力をいきなりすると、すぐに指がいたくなって練習終了です。

 

ちゃんとコードが押さえられていれば、音がでないのは気にせず行きましょう。

では、ちゃんとした押さえ方とはどんなことなのかを次に書いていきます。

 

フレットのそばを押さえよう

どういうことかというと、弦を押さえる左指をフレットの近くにするということです。

 

こちらが悪い例です。

 

 

こちらがいい例です。

 

1番下の細い弦の1フレットを押さえていますが、何が違うかわかりますか?

上の悪い例では、ギターのヘッド側を押さえています。

下のいい例では、1フレット側を押さえています。

この写真のように正面から見ると、指がフレットに乗っかっているように見えるくらいでも大丈夫です。

 

これは実際にやってみるとわかりますが、全然指の負担が違います。

悪い例では、相当な力が必要になり、その分弦が指に食い込み、指がいたくなります。

 

生徒さんの手のひらを、私が押弦する力で押してあげるととてもびっくりされました。

「こんなに軽く?」と。

みなさんもだんだんと省エネになってくるので安心してください。

 

力を抜こう

例えば、10の力で押さえればギターは音がでるとしましょう。

その時に、必要以上に30の力で押さえたり、100の力で押さえて音を出しても意味がありません。

必要最小限での力で音を出せばいいのです。

特にコードの押さえ方を覚えている段階では、指の形を維持するのに絶対ちからが入ってしまいます。

その時にふと我に返って力を抜いてあげてください。

 

いきなり力を抜くのは無理です。

「C」なら「C」の指の形をつくって弦を押さえたら、そこから力を抜けばいいです。

 

その状態で一回じゃらーんっと弾いてみましょう。

スポンサーリンク

音がでるかもしれないし、でないかもしれない。

 

でも、それでいいんです!(カビラ再び)

 

そうやって音がでるかでないかの境界線を探るのも大事なことなのです。

 

グッズに頼る

これも大事です。

こちらの記事に詳しく書いてます。

 

ギターで左手の指先が痛い方へ3つの対策【痛さから解放される!】

 

 

簡単に言うと、

細い弦を張る、指にギター用の指サックをつけるという対策が書いてあるわけです。

少しでも弾きやすくしたい方はチャレンジしてみてください。

 

まとめ

今回は、指を痛めずになるべくながく練習するにはどうしたらいいかという視点で書いていきました。

大事なことは、下記三つです。

1)音がでなくても音程を感じられればOK。気にしない。

2)正しい場所を押さえる。

3)押さえた後でもいいので力を抜いてみる。

 

実際に上記の点を生徒さんにアドバイスしたことで、指が痛くてレッスンが中断するということもありませんでした。

「ギター=痛い」ではなく「ギター=楽しい」と感じて頂くのが大事ですね。

 

 

レッスンで知人や先生に習うのは難しい方もいるでしょう。

そういう方は、DVDつきの教材で独学するのがよいです。

DVDなしで本だけで練習するのはかなり根気がいります。

そういった方には少々値は張りますが、古川先生のこちらの教材をお勧めします。
30日でマスターするギター講座 教本&DVD



スポンサーリンク

にほんブログ村 音楽ブログ ソロギターへ

-初心者向けギターの弾き方, 音楽、ギターのこと

こちらもオススメ

1
ギターはハンガーで壁掛けが超便利だから方法を紹介する【5年以上使った感想】

ギターの置き場に困ってる方多いのではないでしょうか。 毎回ケースにしまうのも面倒 ...

no image 2
【アコギ】スリーフィンガーでの速弾き基礎練習【指の動かし方】

アコースティックギターではあまり馴染みがありませんが、 フィンガーピッキング、指 ...

3
サムピックのメリット、デメリット

アコースティックギターでの弾き語りや、ソロギターを演奏する際には私はサムピックを ...