おすすめギターグッズ

ギターはハンガーで壁掛けが超便利だから方法を紹介する【5年以上使った感想】

2018/01/14

ギターの置き場に困ってる方多いのではないでしょうか。

毎回ケースにしまうのも面倒だし、、、。

私はここ数年、色々なスタンドや置き方を試しましたが

ギターハンガーを使って壁掛けがめちゃくちゃ便利ですね。

正確には、スタンドとハンガー両方使ってますが。

スポンサーリンク

弾き終わった時に近くにある方に置いてます笑

今回は壁にギターをかける方法で壁に穴を開けずに済む方法をご紹介します。

 

ギターハンガーはハーキュレスがいい!

壁掛けの方法の前に、どこのメーカーのギターハンガーにするのか考えましょう。

私は断然HERCULES(ハーキュレス)がお勧めです。

ハーキュレスの特徴はなんといっても落下防止でこのカチャってしまるフック部分。

これが思いのほか気持ちいいです。

 

GSP39HB

人間、「●●した感」って大事だと思っているのですが、これはまさに「ギター置いた感」がすごいです。

 

ギターハンガーアップ

画像をみてわかるとおり、ゲートみたいのが閉まるんです。落下防止ですね。

私はハーキュレスのハンガーを一押しします。

 

メッシュラックにギターを吊るそう!

こんな感じでメッシュラックを買ってそこにギターをつるすと色々できます。

この写真ではサイレントギターだけかけてますが、普通のアコギをかけても全然OKです。

メッシュラックにサイレントギター

 

 

私のようなマイホームがない貧乏人は壁に穴あけれないのです、、、涙。

そんな人はあいてる壁にメッシュを張りましょう。

メッシュラックにゴム板

脚はゴム板をひくといいですよ。

私はこれでメッシュが倒れたことは一回もありません。

そして、メッシュのメリットは他の備品も掛けられることです。

センスがいい人ならもうちょっとオシャレにできるのではないでしょうか汗

↓は私が購入したメッシュラック。

この大きさ

(W855×D55×H1580~2830mm)ならギター2本かけれます。

いろんなメーカーからいろんなサイズでてますが、結局これが一番手頃

 

このメッシュのいいところはギター以外にも色々かけれるところです。

シールドや弦、その他小物をオシャレに置いちゃいましょう!

気を抜くとワイシャツなど洗濯物がかかってしまうことも・・・。

 

家具にギターハンガーを引っ掛けよう!

これ出来る人ほとんど居ないかもしれませんが、正直これ最強です。

いい家具があればぜひやってみてください。

ギターハンガーアップ

 

本棚にギターハンガー

私は部屋は偶然にもすごく丁度良い場所に本棚があります。

そこにハンガーを引っ掛けてます。

そして、そこにギターを引っ掛けてます。

このひっかけ部分がちょうどよくハマるものならなんでもつけれますよ!

メッシュの設置すら必要ない上に安定性も完璧です。

これ以上の方法は思いつきません。

ちょうどよい本棚があればぜひトライしてみてください。

 

ディアウォールでどこでも壁掛け!

ディアウォールご存じでしょうか。

簡単に言うと、床と天井の間に板を突っ張らせる道具です。

スポンサーリンク

ディアウォールを使うと、木材を一本強力につっぱらせて立てることができるのでそこにギターハンガーを付けられます。

はい、こんな感じですね!

ディアウォールのいいところはかなりの小さな隙間でも、

一本柱を立てられればギターを壁掛けできる点にあります。

 

では、具体的にディアウォールの設置方法をご紹介します。

必要な道具

・ツーバイフォー材

・ディアウォール一組

・ネジで止めるタイプのギターハンガー

・穴あけ、ネジ止め用の電動ドリル(キリとドライバーでも可能)

・ドリルピット

・水平器

 

 

ツーバイフォー材

これはホームセンターにいけば必ず売っている超定番の木材の規格です。

2インチ×4インチのサイズのためツーバイフォーと呼ばれています。

こんな感じで山積みされています。

これをディアウォールが挟まる分を考慮して、

床から天井までの距離から4cm引いた長さにカットしてもらいましょう。

例えば、床と天井の距離が200㎝だった場合、196㎝に切ってもらえばよいということです。

カットについてはだいたいどこのホームセンターでも対応してくれるでしょう。

 

注意点としては、なるべくまっすぐな木材を選ぶことと、

穴が開いていないか、蜜がでてきてないかなどをしっかり見ることです。

しかし、大体のお店は外に長期で保管しているのであまりいい状態のものはないですね。

だいたいで見切りをつけて買っちゃいましょう!

一本千円しないです。

ディアウォール

これをツーバイフォー材の端と端につけるだけでOKです。

上のパーツがばねになっていて、突っ張り棒のようにつっぱります。

 

 

ネジ式ギターハンガー

今回ギターハンガーはこのタイプにしました。

もちろんハーキュレスです。

木製の支えが高級感がでてよいです。

 

下穴あけ、ネジ止め用の電動ドリル

ドリルについては、今回は二か所に穴をあけてネジで固定するだけなので

ドリルなしで人力でも可能だとは思いますが、結構しんどいと思います。

DIYも少しだけやるためドリルでおこないました。

私はこのドリルでさくっと作業を終えることができました。

水平器

これ以外と大事なので持っていなければ買ってください。

立てたツーバイフォー材が地面と垂直に、壁に水平になっているかしっかりチェックしましょう。

大事なギターを斜めの柱に立て続ければ、いずれ倒れることでしょう。

 

下穴開け、ネジで固定

こんな感じでまず下穴をあけましょう。

下穴をあけないと、木材にひびがはいいたりいいことはないです。

下穴が開いたらギターハンガーに付属しているネジをさしていきます。

設置

ここまでくれば後は設置のみです。

ディアウォールを履いたツーバイフォー材を立ててそこにギターをかけるだけ!

ディアウォールはバネ側が上にくるようにしましょう。

ハイ出来上がり!

もちろん、何回でもこの柱を動かせるので

部屋の中央に欲しくなればぐいぐいと動かすだけです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

色々な方法でギターを壁掛けする方法をご紹介しました。

住宅環境に合わせて一番の都合のよい方法を模索するのは楽しいですね!

是非、トライしてみてください。

スポンサーリンク

にほんブログ村 音楽ブログ ソロギターへ

-おすすめギターグッズ

こちらもオススメ

1
ギターはハンガーで壁掛けが超便利だから方法を紹介する【5年以上使った感想】

ギターの置き場に困ってる方多いのではないでしょうか。 毎回ケースにしまうのも面倒 ...

no image 2
【アコギ】スリーフィンガーでの速弾き基礎練習【指の動かし方】

アコースティックギターではあまり馴染みがありませんが、 フィンガーピッキング、指 ...

3
サムピックのメリット、デメリット

アコースティックギターでの弾き語りや、ソロギターを演奏する際には私はサムピックを ...