おすすめ音楽コーナー 音楽、ギターのこと

矢後憲太さんのSOMEWHEREは早くも2018ベストソングの予感

矢後憲太さんのSOMEWHERE。これは感動する。是非聞いてください。

Somewhere / Kenta Yago (Fingerstyle solo guitar)

Somewhere / Kenta Yago  (Fingerstyle solo guitar)

後ろの壁の木目や節がこれまたおっしゃれ~

スポンサーリンク

そして丸メガネもとても似合っている。おっしゃれ~

楽曲情報

簡単に曲の紹介を。

●作曲 矢後憲太

●2ndアルバム「It Seems Like」収録曲

↓購入はこちらから↓

https://acoustic-kenta-y.jimdo.com/webshop/

●チューニング DADGAD(2カポ)

 

勝手な感想

これは早くも私の中での2018年ベストソロギターソング候補です。

そしてこの動画全体のクオリティーがまた大変素晴らしい。

 

 

矢後さんらしい矢後サウンド

まずこの曲聞いたらすぐに、「あっこれ矢後さんだ!」ってわかるんですよ。

これってすごいことで、もう矢後サウンドなんです。

声を出す歌なら、「この声は~」とかでわかりやすい。しかしギターの音色だけでわかるアーティストってやっぱり一流の証でしょう。

 

例えば、トミエマとかもすぐわかりますよね。

ギャロッピングの心地よいリズム、激テク、カントリー調、たまに入れてくるハミング、メイトンサウンド・・・

これらがそろえばこれでトミー確定。

 

押尾コータローさんならジャカジャカした激しさの中にあるキャッチーなメロディーやギター小僧を擽るタッピング音。

井草聖二さんならところどころに入るジャジーな音使いに速いフレーズ。

岸部さんなら深いリバーブにシンプルなメロディー。

他にも聞いたら「あっ!」ってすぐわかる方ってたくさんいるのですが、ほんとに少ないんです。

矢後さんもその一人ですね。

 

SOMEWHEREの紹介からだいぶ脱線してしまいましたが、SOMEWHERE矢後さんらしさが凝縮されているような曲です。

 

曲の好きなところ

大きなうねり、ストーリーが感じられて非常に心地よい。

自然と体が動き出すリズム。

静と動の絶妙なバランス。

音が無くなる瞬間の美しさ。

 

なんというか無理がないアコギの音で、歌ものをソロギターアレンジしたような無理な響きがない。

まとめ

矢後さんええで。

みんなきいてな。

しかし、おっしゃれな部屋ですね!

どこなんだろう。

 

「Somewhere」か・・・

 

↓FIRST ALBUM↓

スポンサーリンク

スポンサーリンク

にほんブログ村 音楽ブログ ソロギターへ

-おすすめ音楽コーナー, 音楽、ギターのこと
-

こちらもオススメ

1
ギターはハンガーで壁掛けが超便利だから方法を紹介する【5年以上使った感想】

ギターの置き場に困ってる方多いのではないでしょうか。 毎回ケースにしまうのも面倒 ...

no image 2
【アコギ】スリーフィンガーでの速弾き基礎練習【指の動かし方】

アコースティックギターではあまり馴染みがありませんが、 フィンガーピッキング、指 ...

3
サムピックのメリット、デメリット

アコースティックギターでの弾き語りや、ソロギターを演奏する際には私はサムピックを ...